アパレルの志望動機

衣服や靴、アクセサリーなどを扱うアパレル業では、アルバイトやパートのスタッフ対して接客能力を求めるのが一般的です。

仕事内容は、接客から清掃、陳列、整理、入荷、返品など、裏方業務も多く、雑務を厭わないなど、アピールポイントにも幅がうまれます。

接客では、ショップによってはお客さんに対してコーディネートを提案しますので、主観的なセンスだけではなく、生地の特徴、お手入れ、流行などに関して知識があると、有利かもしれません。

例文12

これまでに、飲食店でのアルバイト経験があります。飲食店でのアルバイトの中で、接客の基本を学びました。そして、仕事を通じて人と接することが楽しく、お客様の笑顔を見ることが好きな自分に気付きました。しかし、残念ながら働いていたお店が閉店することとなり、新しいアルバイトを探していたところ、今回の求人と出会いました。飲食店で教えて頂いたことを大切に、以前から興味のあったアパレル関係の仕事で力を発揮できればと思っています。

例文の構成(志望動機の書き方)

接客経験あり → 自分発見 → 前のアルバイト・パートを辞めた理由 → 意欲

スポンサーリンク


その他、アパレルの志望動機に使える例文

アパレル・服屋の仕事以外で稼ぐには