アパレルの志望動機

衣服や靴、アクセサリーなどを扱うアパレル業では、アルバイトやパートのスタッフ対して接客能力を求めるのが一般的です。

仕事内容は、接客から清掃、陳列、整理、入荷、返品など、裏方業務も多く、雑務を厭わないなど、アピールポイントにも幅がうまれます。

接客では、ショップによってはお客さんに対してコーディネートを提案しますので、主観的なセンスだけではなく、生地の特徴、お手入れ、流行などに関して知識があると、有利かもしれません。

例文13

私は学生時代演劇部に所属していました。演劇部では舞台に立つだけでなく、衣装を自分で作る必要もあり、その経験から洋服が好きになっていきました。今でも洋服作りはしており、将来的にはデザインの仕事にも興味があります。こちらのショップの洋服はスタイリッシュさと機能性を兼ね備えておりますので、一から学ぶならここでと考えておりました。また、演劇で鍛えた通る声を生かし、お店を明るくもしていきたいと思っています。

例文の構成(志望動機の書き方)

洋服やファッションに興味を覚えた理由 → デザインの仕事に興味 → 応募先で勉強したい → 意欲・アピール

スポンサーリンク


その他、アパレルの志望動機に使える例文

アパレル・服屋の仕事以外で稼ぐには