アパレルの志望動機

衣服や靴、アクセサリーなどを扱うアパレル業では、アルバイトやパートのスタッフ対して接客能力を求めるのが一般的です。

仕事内容は、接客から清掃、陳列、整理、入荷、返品など、裏方業務も多く、雑務を厭わないなど、アピールポイントにも幅がうまれます。

接客では、ショップによってはお客さんに対してコーディネートを提案しますので、主観的なセンスだけではなく、生地の特徴、お手入れ、流行などに関して知識があると、有利かもしれません。

例文16

おしゃれは足下からと言いますが、健康な身体も足下から生まれると思います。一時、身体がすぐれないことがありました。原因はサイズのあわない靴を履いていたせいで、近所の靴屋でぴったり合う靴を選んでもらったところ、身体の調子が目に見えて改善しました。歩くことにだるさを感じなくなり、精神的にも健康になったように感じます。ファッションアイテムを売るということ以上に、靴を扱うことにとても奥深さを感じ、靴にかかわる仕事に携わってみたいと思いました。

例文の構成(志望動機の書き方)

ファッションの健康面 → 靴選びの大切さ → 奥深さを感じ興味を持った

スポンサーリンク


その他、アパレルの志望動機に使える例文

アパレル・服屋の仕事以外で稼ぐには