アパレルの志望動機

スポンサーリンク

衣服や靴、アクセサリーなどを扱うアパレル業では、アルバイトやパートのスタッフ対して接客能力を求めるのが一般的です。

仕事内容は、接客から清掃、陳列、整理、入荷、返品など、裏方業務も多く、雑務を厭わないなど、アピールポイントにも幅がうまれます。


接客では、ショップによってはお客さんに対してコーディネートを提案しますので、主観的なセンスだけではなく、生地の特徴、お手入れ、流行などに関して知識があると、有利かもしれません。

例文18

ファッションが大好きで、勉学に区切りがついたらアパレル関係の仕事をしたいと以前から考えていました。現在、大学生で時間的な余裕もあり、また貴店は私が通う大学の付近にあるので、長く働けるのではないかと思い応募させていただきました。カジュアルな服装が好きなので、普段から貴店の洋服を愛用しています。貴店のファッションセンスに惹かれ、お客様にも心からおすすめできるかと思ったのも、志望した大きな理由です。

例文の構成(志望動機の書き方)

ファッションが好き → アパレルの仕事に興味 → 通勤に便利で長く働ける → 応募先の服を愛用 しているので人にもおすすめできる

スポンサーリンク

その他、アパレルの志望動機に使える例文