アパレルの志望動機

スポンサーリンク

衣服や靴、アクセサリーなどを扱うアパレル業では、アルバイトやパートのスタッフ対して接客能力を求めるのが一般的です。

仕事内容は、接客から清掃、陳列、整理、入荷、返品など、裏方業務も多く、雑務を厭わないなど、アピールポイントにも幅がうまれます。


接客では、ショップによってはお客さんに対してコーディネートを提案しますので、主観的なセンスだけではなく、生地の特徴、お手入れ、流行などに関して知識があると、有利かもしれません。

例文21

私はアパレル業界に興味があり、将来的にアパレルの仕事に就きたいと思っています。現在は学生ですが、早い内から業界について肌で知っておこうと思い、アパレルのアルバイトを探していました。たくさんの店舗を持つ貴社では、もちろん買い物をしたことがあり、商品のクオリティはもちろん、整然として清潔な店内や落ち着いた接客にとても良い印象を持っています。私も、貴社のスタッフとして、貴社ブランドを取り扱い、幅広く接客や販売を勉強したいと思い、応募させていただきました。

例文の構成(志望動機の書き方)

アパレルに興味 → 将来はアパレルの仕事に → 勉強し、経験を積みたい → アルバイトを探す → 応募先のイメージ → 志望・応募

スポンサーリンク

その他、アパレルの志望動機に使える例文