アパレルの志望動機

スポンサーリンク

衣服や靴、アクセサリーなどを扱うアパレル業では、アルバイトやパートのスタッフ対して接客能力を求めるのが一般的です。

仕事内容は、接客から清掃、陳列、整理、入荷、返品など、裏方業務も多く、雑務を厭わないなど、アピールポイントにも幅がうまれます。


接客では、ショップによってはお客さんに対してコーディネートを提案しますので、主観的なセンスだけではなく、生地の特徴、お手入れ、流行などに関して知識があると、有利かもしれません。

例文22

育児に余裕ができたので、社会復帰としてアルバイト(パート)をしたいと思いました。これにあたり、自分の好きなアパレルやファッションの世界で仕事をしたいと思い、普段からよく利用させて頂いている貴店のスタッフ募集に応募させていただきました。大人用の服はもちろん、子ども用の服についても日頃から考えているので、お客様にも具体的にコーディネートの提案ができると思います。これに加えて、普段から育児の合間に掃除や洗濯をこなしている「家事力」も、仕事に活かせるよう、頑張りたいと思います。

例文の構成(志望動機の書き方)

社会復帰 → アルバイト・パートをしたい → アパレル分野で働きたい → よく利用する応募先を選んだ → 自己アピール → 意欲

スポンサーリンク

その他、アパレルの志望動機に使える例文