アパレルの志望動機

衣服や靴、アクセサリーなどを扱うアパレル業では、アルバイトやパートのスタッフ対して接客能力を求めるのが一般的です。

仕事内容は、接客から清掃、陳列、整理、入荷、返品など、裏方業務も多く、雑務を厭わないなど、アピールポイントにも幅がうまれます。

接客では、ショップによってはお客さんに対してコーディネートを提案しますので、主観的なセンスだけではなく、生地の特徴、お手入れ、流行などに関して知識があると、有利かもしれません。

例文25

私は昔からアパレル関係の仕事に就きたいと思っていました。服飾やデザインの知識を得るため、専門学校に通い、在学中には創作コンテストなどで表彰された経験もあります。服飾自体に関する知識はもちろん、日本全国に展開する貴社で、アパレルのマーケティングを学ばせていただきたいと思い、この度求人に応募させていただきました。お客様がどのような服を求めているのか、どのような服が売れるのか、仕事を通じて探求していきたいと思います。

例文の構成(志望動機の書き方)

かねてよりアパレルの仕事がしたい → 学校通いなど → 実績 → 意欲 → 応募 → 意気込み

スポンサーリンク


その他、アパレルの志望動機に使える例文

アパレル・服屋の仕事以外で稼ぐには