アパレルの志望動機

スポンサーリンク

衣服や靴、アクセサリーなどを扱うアパレル業では、アルバイトやパートのスタッフ対して接客能力を求めるのが一般的です。

仕事内容は、接客から清掃、陳列、整理、入荷、返品など、裏方業務も多く、雑務を厭わないなど、アピールポイントにも幅がうまれます。


接客では、ショップによってはお客さんに対してコーディネートを提案しますので、主観的なセンスだけではなく、生地の特徴、お手入れ、流行などに関して知識があると、有利かもしれません。

例文26

ファッション界において圧倒的な存在感と歴史を持つ貴社のブランドに憧れを持ち続けていました。貴社のブランドを仕事として扱うことに大きなやりがいを感じると思ったはもちろん、貴社のブランドを背負うスタッフさまの丁寧で品位あるご対応にとても感激し、私もこのようにプロフェッショナルな接客を目指したいと思ったのが、貴社を志望したきっかけです。ブランドに恥じないよう、一流の接客ができるように邁進したく思います。

例文の構成(志望動機の書き方)

応募先のすごさ → 看板を背負うことにやりがい → 接客力の高さ → 働きたい → 意欲

スポンサーリンク

その他、アパレルの志望動機に使える例文