カフェの志望動機

カフェでのアルバイト(パート)は未経験でも大丈夫なことが多く、学生や主婦の方にも人気の仕事です。清掃、レジ、ドリンク・食べ物の用意などの業務を担います。

カフェでは、他の業種と同様に、アルバイトやパートには清潔感があること、挨拶などを含めた接客がしっかりできること、チームとしてスタッフと協力できること、などの基本的なことが求められます。

カフェによっては、メニューが多く覚えるのに少し時間がかかりますが、事前に知っている必要はありません。

また、通常、ドリンクの知識などは不要です(個人営業の喫茶店なら、アピールポイントになるかもしれません)。これらを踏まえて、例文を参考に志望動機を伝えましょう。

よく利用しているカフェの場合、そのお店のコンセプトやメニューなどに詳しいことを伝えるとよいでしょう。カフェでアルバイト経験がある人は、その旨も履歴書に書き、面接時にもアピールしましょう。

例文15

中学生の頃から高校生になったら必ずカフェで働こうと心に決めていました。もちろん、仕事である以上、浮かれた気持ちは律して、お客様を第一に仕事に励みたいと思います。もともと外交的な性格なので、自分自身、接客業が向いているかと思います。性格も几帳面なので、接客から清掃まで、一つ一つ心を込めて打ち込みたいと思います。

例文の構成(志望動機の書き方)

カフェで働きたいとずっと思っていた → 性格アピール → 意欲

スポンサーリンク


その他、カフェ・喫茶店の志望動機に使える例文

カフェ・喫茶店の仕事以外で稼ぐには