カフェの志望動機

カフェでのアルバイト(パート)は未経験でも大丈夫なことが多く、学生や主婦の方にも人気の仕事です。清掃、レジ、ドリンク・食べ物の用意などの業務を担います。

カフェでは、他の業種と同様に、アルバイトやパートには清潔感があること、挨拶などを含めた接客がしっかりできること、チームとしてスタッフと協力できること、などの基本的なことが求められます。

カフェによっては、メニューが多く覚えるのに少し時間がかかりますが、事前に知っている必要はありません。

また、通常、ドリンクの知識などは不要です(個人営業の喫茶店なら、アピールポイントになるかもしれません)。これらを踏まえて、例文を参考に志望動機を伝えましょう。

よく利用しているカフェの場合、そのお店のコンセプトやメニューなどに詳しいことを伝えるとよいでしょう。カフェでアルバイト経験がある人は、その旨も履歴書に書き、面接時にもアピールしましょう。

例文22

私は、大学の受験勉強に、カフェをよく利用していました。落ち着いた空間での勉強はとてもはかどり、無事希望校にも合格できました。振り返ってみると、カフェに長居してしまったことは、店にとってはあまり望ましくなかったことかもしれません。ですが、その時感じた心地よい時間の流れこそ、カフェの魅力だと思い、カフェの仕事に憧れを持ちました。洗練された雰囲気が溢れる貴店で、上質な空間を提供する仕事をしてみたいと思い、応募させていただきました。

例文の構成(志望動機の書き方)

カフェの利用経験 → さりげなく希望校に合格できたというアピール → カフェの魅力を体感 → カフェの仕事に興味 → 応募先カフェの魅力

スポンサーリンク


その他、カフェ・喫茶店の志望動機に使える例文

カフェ・喫茶店の仕事以外で稼ぐには