カフェの履歴書志望動機

カフェでのアルバイト(パート)は未経験でも大丈夫なことが多く、学生や主婦の方にも人気の仕事です。清掃、レジ、ドリンク・食べ物の用意などの業務を担います。

カフェでは、他の業種と同様に、アルバイトやパートには清潔感があること、挨拶などを含めた接客がしっかりできること、チームとしてスタッフと協力できること、などの基本的なことが求められます。

カフェによっては、メニューが多く覚えるのに少し時間がかかりますが、事前に知っている必要はありません。

また、通常、ドリンクの知識などは不要です(個人営業の喫茶店なら、アピールポイントになるかもしれません)。これらを踏まえて、例文を参考に志望動機を伝えましょう。

よく利用しているカフェの場合、そのお店のコンセプトやメニューなどに詳しいことを伝えるとよいでしょう。カフェでアルバイト経験がある人は、その旨も履歴書に書き、面接時にもアピールしましょう。

 例文6

これまで培った接客経験を自分の好きなカフェという環境で活かしたいと思い、応募いたしました。私は以前、飲食店で〇年間働いていました。そこでは接客に加えて、調理なども担当していました。そこでは柔軟な接客対応や衛生維持の大切さを学びました。これらは、同じ飲食を扱う御社での仕事でも、きっと役立つのではないかと思います。

例文の構成(志望動機の書き方)

接客経験を活かす → 応募 → 仕事経験の詳細 → 学んだこと → 意欲

スポンサーリンク


その他、カフェ・喫茶店の志望動機に使える例文

カフェ・喫茶店の仕事以外で稼ぐには