クリーニング店の志望動機

クリーニング店の仕事内容の大部分は接客になります。働くクリーニング店によって、アルバイトやパート従業員の仕事範囲は異なりますが、カウンターに立って、お客さんから衣服や布団、シーツなどを受け取り、仕上がったものを引き渡すというのはほぼ全てに共通し、一般に接客力が問われます。

クリーニング店の志望動機には、接客力を裏付けるような過去の接客経験や社交的・快活といった性格をアピールすると良いでしょう。また、主婦の方であれば、普段から家事で洗濯していることもアピールになります。

クリーニング店では、アルバイトやパートの方がクリーニング作業まで行わないことも多いですが、衣類や服飾に関する知識(洗濯表示や衣類の分類など)は接客や受付でも使いますので、あるにこしたことはありません。ですが、未経験でも働けることが多いようです。



例文一覧


クリーニング店の仕事内容など

クリーニング店というのは、日頃からよく利用しているという方も多いのではないでしょうか?ただ、実際にクリーニング店で働くとなると、いまいちその仕事内容をイメージできないかと思います。ここでは、クリーニング店の具体的な仕事内容についてご紹介していきます。

 

■チェーン店での仕事内容

クリーニング店での仕事内容というのは、チェーン店と個人店で微妙に違ってきます。まずは、チェーン店についてお話ししていきたいと思います。

クリーニング店を利用したことのある方であれば、受付業務についてはある程度想像することができるでしょう。お客様からクリーニングする衣類を受け取ったり、クリーニングの済んだ衣類を引き渡したりします。もちろん、レジ打ち業務などもおこっていきます。クリーニングする衣類を受け取る際にはお客様から質問を受けることもありますし、場合によってはクリーニング済みの衣類を引き渡すときにお客様からの苦情を言われることもあります。こういった部分も受付業務の一部ということになります。

お客様から受け取った衣類は、他の方のものと混ざらないように分類し、タグなどをつけていきます。チェーン店の場合には、預かった衣類はその後、工場に送られることになります。専用の袋に預かった衣類を詰め込んで、終わりという感じです。

 

■個人店での仕事内容

先ではチェーン店の仕事内容についてお話ししましたが、受付業務に関してはチェーン店と同じです。クリーニングする衣類の受け取り、クリーニング済みの衣類の引き渡し、レジ打ちなどをおこなっていきます。

ただ、個人店の場合、店舗と工場が同じになります。そのため、店舗でクリーニングをおこなっていくことになります。基本的にクリーニングは経営者やその家族、社員の方がおこなっていくことになるのですが、場合によってクリーニング作業を任されることもあります。そのため、個人店の場合にはクリーニング業務も仕事内容に含まれると考えていいでしょう。もちろん、クリーニング作業に関しては指導があるかと思います。クリーニング店での仕事内容は、個人店のほうがより多くの業務を求められると考えていいでしょう。その分、身につけられるものも多くなります。

その他クリーニング店で使える志望動機

クリーニング店の仕事以外で稼ぐには