コールセンターの志望動機

コールセンターのアルバイト(パート)は、時給も高いことが多く、人気のある仕事です。コールセンターの業務は基本的に、電話対応です。

相手の顔こそ見えませんが、基本的には「接客業」ですので、楽しさややりがいを感じる人も少なくありません。つねにしゃべり続けるので、体力的に疲れると言う人もいますが、見方を変えれば、おしゃべりが活かせる仕事とも言えます。

志望動機を書くに当たっては、接客業と同じように、コミュニケーション力や性格などをアピールするのが無難でしょう。過去にコールスタッフとしてコールセンターに勤めていたことがある、あるいは仕事で電話対応をよくしていたのであれば、積極的にアピールしましょう。以下、例文をご参考ください。

例文10

私はこれまで、飲食店で勤務して参りました。飲食店とコールセンターはまるで違うように思われますが、私は飲食店で学んだ「お客様の求めることをしっかりくみ取る力」を生かして、頑張りたいと考えています。コールセンターは、お客様が何かを求めて掛けてきた電話に対応する仕事です。ですから、何を求めているのかを的確に聞き取る必要があり、それを瞬時に判断できなければならないと考えます。私は、飲食店で、お客様がスタッフを呼ぶこえだけで、オーダーなのかお会計なのか、クレームなのか、などを聞き分けて参りました。その経験を生かして、心機一転頑張りたいと思い志望させていただきました。

例文の構成(志望動機の書き方)

他業種の仕事経験 → 共通点 → 経験がコールセンターで活かせる → 意欲

スポンサーリンク


その他、コールセンターの志望動機に使える例文

コールセンター・オペレーターの仕事以外で稼ぐには