コールセンターの志望動機

スポンサーリンク

コールセンターのアルバイト(パート)は、時給も高いことが多く、人気のある仕事です。コールセンターの業務は基本的に、電話対応です。

相手の顔こそ見えませんが、基本的には「接客業」ですので、楽しさややりがいを感じる人も少なくありません。つねにしゃべり続けるので、体力的に疲れると言う人もいますが、見方を変えれば、おしゃべりが活かせる仕事とも言えます。


志望動機を書くに当たっては、接客業と同じように、コミュニケーション力や性格などをアピールするのが無難でしょう。過去にコールスタッフとしてコールセンターに勤めていたことがある、あるいは仕事で電話対応をよくしていたのであれば、積極的にアピールしましょう。以下、例文をご参考ください。

例文2

以前からコールセンターでの仕事に興味がありました。ジャンルを問わず学ぶことが好きなのですが、コールセンターでは学んだ知識を誰かのために役立てることができます。そこに私は大きな魅力を感じました。劇団員を目指していたこともあり、人前で話すことには慣れています。コールセンターは自分の知識や、話術を使いで活躍するのに最適な場だと考えております。電話を切ったあと、相手が笑顔になれるような応対を目指していきたいです。

例文の構成(志望動機の書き方)

コールセンターの仕事に興味 → 仕事の魅力 → 話すことに慣れている → 自分に合っている → 意欲

スポンサーリンク

その他、コールセンターの志望動機に使える例文