コールセンターの志望動機

スポンサーリンク

コールセンターのアルバイト(パート)は、時給も高いことが多く、人気のある仕事です。コールセンターの業務は基本的に、電話対応です。

相手の顔こそ見えませんが、基本的には「接客業」ですので、楽しさややりがいを感じる人も少なくありません。つねにしゃべり続けるので、体力的に疲れると言う人もいますが、見方を変えれば、おしゃべりが活かせる仕事とも言えます。


志望動機を書くに当たっては、接客業と同じように、コミュニケーション力や性格などをアピールするのが無難でしょう。過去にコールスタッフとしてコールセンターに勤めていたことがある、あるいは仕事で電話対応をよくしていたのであれば、積極的にアピールしましょう。以下、例文をご参考ください。

例文7

コールセンターでの対応は、相手の顔が見えない分、普通の接客より大変です。そのため、声から相手の気持ちを判断したり、見えない部分まで気を配る必要があると考えます。また、相手の話をきちんと聞き取り、話を途中で遮らないことも大切ではないでしょうか。私はそういった気配りができるところが、自身の長所だと自負しています。それを生かして、顧客が何に困ってコールセンターに電話してきたのかを、しっかり聞き取りながら、対応していきたいと思います。

例文の構成(志望動機の書き方)

コールセンターの大変さ → 気配りが大切 → 自分ならできる → 意欲

スポンサーリンク

その他、コールセンターの志望動機に使える例文