介護職・ヘルパーの志望動機

高齢化に伴い、高齢者介護の社会的必要性は今後も高まるとされています。そんな現場で活躍するのが介護福祉士やヘルパーを始めとする介護職従事者です。また、高齢者介護だけではなく、身体障碍者や知的障碍者に対する介護・支援においても、介護福祉士やヘルパーは必要とされています。

福祉の現場を支える介護の仕事の内容は幅広く、介護福祉士などの資格が絶対に必要ということはなく、介護未経験の方でもヘルパーなどの形で働くことができます。

また、介護未経験であっても、ヘルパーの仕事をしながら介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)や介護職員実務者研修(旧ホームヘルパー1級)の資格を取得することはでき、最終的に国家資格である介護福祉士の資格取得に向けて、働きながらステップアップもできます。介護事業者によっては、資格取得をサポートしているので、応募時に確認してみましょう。



例文一覧

誰かの役に立つために働きたいと思い、福祉や介護の・・

介護福祉士として介護老人福祉施設で働いていました・・

福祉の分野で人のために働きたいと思い介護福祉士を・・

以前、認知症を患った祖母の介護を手伝っていました・・

以前、東京の老人ホームで介護士として〇年間働いて・・

介護士として社会福祉に携わりたいと思い〇〇専門学校・・

人の役に立つことのできる介護の仕事に興味がありました・・

介護の仕事を通じて福祉に貢献したいと思い介護職員初任者研修・・

身体を自由に動かすことができなくなった祖父の介護経験を・・

私には障害を持った友人がいます。彼女は日常的にサポートが・・

以前は接客業をしていたのですが、介護職の人間が足りない・・

事務の仕事をしていましたが、年を重ねるにつれ手に職が欲しい・・

様々なボランティアを経験してきました。その中でもやりがい・・

私の祖父は、出張介護サービスを利用しています。私も祖父の・・

学生時代、福祉についての勉強を重ね、いずれは介護の仕事に・・

結婚、出産を経て、数年ぶりに仕事探しを始めたことで介護の求人・・

前職も介護職でしたが、引っ越しを理由に退職しました。一度は現場・・

私が介護の仕事に興味を持ったのは、ペットの死に触れたことでした・・

私はこれまで、派遣で介護ヘルパーの仕事をして参りました。感謝の・・

もともと看護師志望でした。困っている人のために働ける医療の仕事・・

人と接することが好きで、就職するなら機械相手ではなく、会話を・・


介護職・ヘルパーの仕事内容など

高齢化が進む中で、介護職やヘルパーの仕事の需要が高まっています。一般的にはハードなイメージを持たれる仕事なのですが、ここでは具体的に介護職やヘルパーの仕事内容についてご紹介していきたいと思います。

 

■施設介護での仕事内容

施設介護というのは、施設に勤務しての介護のことを指します。基本的にはその施設で働いている職員の方からのサポートや指導がありますので、資格を持っていない方でも仕事を始めることができます。

施設の入所者の日常生活を援助するのが仕事になります。朝は着替えや洗顔、排泄などの介助をおこなっていきますし、食事や薬の服用などの面でも介助をおこなっていきます。日中には、趣味活動や運動メニューなどの見守りをおこなっていくことになります。もちろん、入浴の介助もおこないます。介護というのは常に求められるものですので、当然、夜勤もあります。病院に勤務する看護師と同じように、入所者の訴えに対応していくことになります。入所者からの訴えが特になくとも、オムツ交換に回る必要があります。1対1ではなく、基本的には複数人のチームを組んで、入所者の介護をおこなっていくことになります。

 

■訪問介護での仕事内容

訪問介護は基本的に利用者と1対1になりますので、資格が必要になってきます。1対1の状態で判断が必要になってくるシーンも出てきますし、責任もより重大になります。だからこそ、無知な状態でできる仕事ではないのです。代表的な資格としては、介護職員初任者研修や介護職員実務者研修、介護福祉士といったものが挙げられます。介護職員初任者研修は、以前は「ホームヘルパー2級」と呼ばれていたものです。訪問介護の仕事をするためには、最低でも介護職員初任者研修の資格を取得しておかなければいけません。

具体的な仕事内容としては施設介護と共通している部分もあるのですが、訪問介護の場合には利用者の自宅に向かって1対1での介護をしていくことになります。施設介護での仕事内容に加えて、調理や掃除、買い物といった日常生活の手伝いもおこなっていくことになりますし、利用者を病院に連れて行き、移動や受診手続きの介助などの通院介助もおこなっていくことになります。

介護の仕事以外で稼ぐには