介護職・ヘルパーの志望動機

高齢化に伴い、高齢者介護の社会的必要性は今後も高まるとされています。そんな現場で活躍するのが介護福祉士やヘルパーを始めとする介護職従事者です。また、高齢者介護だけではなく、身体障碍者や知的障碍者に対する介護・支援においても、介護福祉士やヘルパーは必要とされています。

福祉の現場を支える介護の仕事の内容は幅広く、介護福祉士などの資格が絶対に必要ということはなく、介護未経験の方でもヘルパーなどの形で働くことができます。

また、介護未経験であっても、ヘルパーの仕事をしながら介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)や介護職員実務者研修(旧ホームヘルパー1級)の資格を取得することはでき、最終的に国家資格である介護福祉士の資格取得に向けて、働きながらステップアップもできます。介護事業者によっては、資格取得をサポートしているので、応募時に確認してみましょう。

例文20(介護未経験可、介護資格なし可)

私はもともと看護師志望でした。困っている人のために働ける医療の仕事に就きたかったのですが、父の会社が経営難であることなどから、進学を断念しました。その後はOLとして働いていたのですが、当時の夢が捨てきれません。そんな時、同僚から介護職なら今からでもキャリアチェンジできるのでは?と声をかけられました。彼女のおかげで、医療と介護の世界はとても近く、毎日同じ相手に接する介護職の方がより希望に沿っていると気づきました。介護資格の取得はこれからですが、働きながらしっかり学んでいきたいと思います。

例文の構成(志望動機の書き方)

看護師を目指していたが断念 → 介護なら転職可能 → 介護の世界にやりがいを感じる → 意欲

スポンサーリンク


介護の仕事以外で稼ぐには