仕事を辞める理由(アルバイト・パート・社員)

仕事を辞めたいけど、理由をどう伝えたら良いのか困っている方のために、「仕事を辞める理由」(退職理由)を50個用意しました。アルバイト、パート、社員を問わず、また業種を問わず使えます。

仕事を辞める話を伝えるには、「ちょっとお話があるのですが、いまよろしでしょうか?」「ちょっとご相談があるのですが、いまお手すきでしょうか?」と切り出すのが無難です。

その後、ここに掲載する退職理由の例文をそのままお話しください。なお、「一身上の都合」は、履歴書で職歴の退職理由として書く言葉ですので、口頭で仕事を辞めることを伝えるときの理由には不向きです。

ここで紹介する理由は、あくまで例文ですので、ご自身の状態にあわせて言葉や言い回しを入れ替えるとベターです。

退職理由1~5

1. アルバイト(パート)を長らく続けていたこともあってか、学校での成績が落ちてしまいまして・・、両親からアルバイト(パート)は控えるように言われてしまいました。それなので、申し訳ないのですがここでのお仕事を辞めさせて頂ければと思います。

 

2. 将来を考えて、もう少し幅広く社会経験を積みたいと思い、今とは違うお仕事にもチャレンジしてみたいと思いましたので、申し訳ありませんが今月いっぱいぐらいで仕事を辞めさせていただければと思います。

 

3. 最近身体の調子があまりよくなく、病院にかかったところ、あまり無理は控えるように言われましたので、お仕事を辞めさせていただこうと思いました。

 

4. 金銭的にやや苦しく、今のままでは、なかなか厳しいので、もう少しお給料のよい仕事に転職しようと思います。勝手を申し上げてしまい申し訳ありませんが、ご理解いただければと思います。

 

5. 今の不安定なシフトでは身体がなかなかついていかず、もう少しシフトが安定したお仕事をしたいと思いましたので、申し訳ありませんがお仕事を辞めさせていただきたいと思います。

スポンサーリンク


就職しなくてもお金は稼げる!