仕事を辞める100の理由(アルバイト・パート・社員)

スポンサーリンク

仕事を辞めたいけど、理由をどう伝えたら良いのか困っている方のために、「仕事を辞める理由」(退職理由)を100個用意しました。アルバイト、パート、社員を問わず、また業種を問わず使えます。

仕事を辞める話を伝えるには、「ちょっとお話があるのですが、いまよろしでしょうか?」「ちょっとご相談があるのですが、いまお手すきでしょうか?」と切り出すのが無難です。


その後、ここに掲載する退職理由の例文をそのままお話しください。なお、「一身上の都合」は、履歴書で職歴の退職理由として書く言葉ですので、口頭で仕事を辞めることを伝えるときの理由には不向きです。

ここで紹介する理由は、あくまで例文ですので、ご自身の状態にあわせて言葉や言い回しを入れ替えるとベターです。

退職理由31~35

31. 今、学校で取り組んでいる部活動(サークル)が、大きな大会に出場できそうなんですが、そのために私も練習に全力を注ぎたいと思いますので、ここでのアルバイトを続けるのは難しくなってしまいそうです。ですので、申し訳ないのですが、いまあるシフトが終わったら、辞めさせて頂ければと思います。

 

32. これまで長い時間残業をしてきたんですが、やはり残業代が支給されないのでは生活的に苦しいので、転職することにいたしました。今月いっぱいまでのシフトが終わり次第、退職させて頂きますので、宜しくお願いします。

 

33. こちらで長く勤めてきましたが、もう少し仕事を通じて色々スキルを身に着けて、成長したいと思い、仕事を変えようと思いました。恐れ入りますが、今月いっぱいでお仕事を辞めさせて頂こうと考えています。

 

34. 4月から正社員のお仕事への内定がでましたので、準備などのため、今月のシフトを消化したら、勝手ながら退職したいと思います。引継ぎはしっかり行いますので、よろしくお願いします。

 

35. 最近、子どもの様子がおかしく、今までも何度かお休みを頂いていましたが、もう少し親としてしっかり傍にいてあげないといけないかと思いますので、恐れ入りますがお仕事を辞めさせて頂きたいと思います。

スポンサーリンク