仕事を辞める理由(アルバイト・パート・社員)

仕事を辞めたいけど、理由をどう伝えたら良いのか困っている方のために、「仕事を辞める理由」(退職理由)を50個用意しました。アルバイト、パート、社員を問わず、また業種を問わず使えます。

仕事を辞める話を伝えるには、「ちょっとお話があるのですが、いまよろしでしょうか?」「ちょっとご相談があるのですが、いまお手すきでしょうか?」と切り出すのが無難です。

その後、ここに掲載する退職理由の例文をそのままお話しください。なお、「一身上の都合」は、履歴書で職歴の退職理由として書く言葉ですので、口頭で仕事を辞めることを伝えるときの理由には不向きです。

ここで紹介する理由は、あくまで例文ですので、ご自身の状態にあわせて言葉や言い回しを入れ替えるとベターです。

スポンサーリンク

退職理由の例文6~10

6. 大義名分、受験勉強!

店長には長らくお世話になりましたが、大学受験に向けて、そろそろ本格的に勉強に取り組まなくてはなりません。そこで、申し訳ないのですが今のシフトを最後に、お仕事を辞めさせていただければと思います。今のままでは、志望校に受からなさそうですので、ちょっと危機感を持っています。

 

7. 他の仕事もしたい

突然のことですみませんが、ここでのお仕事は慣れているし、好きなのですが、他の業種も経験してみたいと思いましたので、申し訳ありませんが、来月ぐらいまでに仕事を辞めさせて頂ければと思います。それまでに引継ぎはしっかりやりますので、ご安心ください。

 

8. 引っ越しはもはや不可抗力

今度、遠方に引っ越しをする予定でして、通勤が少し辛くなりますので、転職を考えていました。申し訳ないのですが、引っ越しは来月の予定なので、お仕事は今月いっぱいで辞めさせて頂ければと思います。

 

9. 勉強に力を入れるタイミング

学年が上がったことで、なかなか時間の都合がつかなくなってきてしまいましたので、そろそろ勉強にも本腰を入れようと思いますので、申し訳ないのですが今月いっぱいでお仕事を辞めさせて頂ければと思います。

 

10. 子どもの世話もしないと

私の家は共働きということもあってか、子どもの勉強が疎かになってしまっていましたので、仕事をセーブして、子どもの勉強をみてあげたいと思っていました。なので、申し訳ないのですが、今月いっぱいぐらいで、お仕事を辞めさせて頂ければと思います。

スポンサーリンク

就職しなくてもお金は稼げる!