保育補助の志望動機

保育士になるには保育士資格が必要になりますが、保育士資格がないからといって、保育の仕事ができないわけではありません。各種保育園では、保育士をサポートする「保育補助」のアルバイトやパート、ときには正社員を募集しています。

アルバイトまたはパートであっても、保育補助は、保育士のサポートや保育園の運営を担う重要な仕事です。しかし、特に資格や経験を必要としないことが多く、未経験でも無資格でも保育園で働けるため、女性を中心に人気の仕事で、保育補助に転職する人も少なくありません。

保育補助には資格や経験が要らないケースが多いですが、子どもが好きであること、体力があること、責任感があること、整理整頓ができることなどが求められることが多く、例えば主婦の家事経験も十分アピールになります。

例文11

私が保育補助を志望したのは、やりがいのある仕事に就きたかったからです。保育補助は、保育士さんのサポーターですが、子どもにとっては保育士と同じように信頼を預けてもらえる仕事です。子どもに好かれる性格のため、毎日楽しみに、会いたくなるスタッフを目指して働かせて頂ければと考えております。いつでも子どもたちから目を離さず、一人ひとりの成長を応援していけるような、温かい気持ちで保育補助の仕事を行っていきたいです。

例文の構成(志望動機の書き方)

保育にやりがい → 保育士の仕事とは → 目標 → 意欲

スポンサーリンク


保育補助の仕事以外で稼ぐには