保育補助の志望動機

保育士になるには保育士資格が必要になりますが、保育士資格がないからといって、保育の仕事ができないわけではありません。各種保育園では、保育士をサポートする「保育補助」のアルバイトやパート、ときには正社員を募集しています。

アルバイトまたはパートであっても、保育補助は、保育士のサポートや保育園の運営を担う重要な仕事です。しかし、特に資格や経験を必要としないことが多く、未経験でも無資格でも保育園で働けるため、女性を中心に人気の仕事で、保育補助に転職する人も少なくありません。

保育補助には資格や経験が要らないケースが多いですが、子どもが好きであること、体力があること、責任感があること、整理整頓ができることなどが求められることが多く、例えば主婦の家事経験も十分アピールになります。

例文18

私は、小さな頃から保育士の仕事に憧れていました。ですが、家庭の事情で進学することができず、諦めていました。ですが、こちらの求人を拝見し、資格が無くても保育に携われると知り、すぐに応募を決めました。最初はご迷惑をかけることもあるかと思いますが、一つひとつ仕事を覚え、頼れる補助員になりたいと思います。未婚ですが、同居している姉の子どもがいるため、おむつ替えや食事をあげるなどの経験を、仕事へ生かしていきたいです。

例文の構成(志望動機の書き方)

保育士に憧れていたが断念 → 資格なし働けることに魅力 → 応募 → 子どもの面倒を見た経験 → 意欲

スポンサーリンク


保育補助の仕事以外で稼ぐには