保育補助の志望動機

保育士になるには保育士資格が必要になりますが、保育士資格がないからといって、保育の仕事ができないわけではありません。各種保育園では、保育士をサポートする「保育補助」のアルバイトやパート、ときには正社員を募集しています。

アルバイトまたはパートであっても、保育補助は、保育士のサポートや保育園の運営を担う重要な仕事です。しかし、特に資格や経験を必要としないことが多く、未経験でも無資格でも保育園で働けるため、女性を中心に人気の仕事で、保育補助に転職する人も少なくありません。

保育補助には資格や経験が要らないケースが多いですが、子どもが好きであること、体力があること、責任感があること、整理整頓ができることなどが求められることが多く、例えば主婦の家事経験も十分アピールになります。

例文19

私がこちらの求人へ応募したのは、子どもと触れ合う仕事がしたかったからです。子どもが欲しいと思い、不妊治療を行ったのですが、最終的に子どもは諦める選択となりました。そんな私にとって、可愛い子どもと一緒に過ごせる保育補助は、憧れの職場です。夫婦のみで歩む道を選んだため、妊娠を理由に退職することなく、長く勤められる点が強みです。どの子にも分け隔てなくいっぱいの愛情を注げる、そんな保育補助員になりたいと思っています。

例文の構成(志望動機の書き方)

不妊 → 子どもに触れ合う職場に憧れ → 長く働ける → 意欲

スポンサーリンク


保育補助の仕事以外で稼ぐには