保育補助の志望動機

保育士になるには保育士資格が必要になりますが、保育士資格がないからといって、保育の仕事ができないわけではありません。各種保育園では、保育士をサポートする「保育補助」のアルバイトやパート、ときには正社員を募集しています。

アルバイトまたはパートであっても、保育補助は、保育士のサポートや保育園の運営を担う重要な仕事です。しかし、特に資格や経験を必要としないことが多く、未経験でも無資格でも保育園で働けるため、女性を中心に人気の仕事で、保育補助に転職する人も少なくありません。

保育補助には資格や経験が要らないケースが多いですが、子どもが好きであること、体力があること、責任感があること、整理整頓ができることなどが求められることが多く、例えば主婦の家事経験も十分アピールになります。

例文20

私の母は、ファミリーサポートセンターへ登録し、子どもを預かる仕事をしていました。そのため、幼い頃から当たり前のように、違う家庭の子どもと接してきました。お母さんと離れて泣いている子どもを、上手にあやし、笑わせる母の姿は私の誇りであり、いつか同じような仕事が出来たら良いな、と思っていたところ、こちらの保育補助の仕事を見つけ、応募した次第です。家庭での預かりと、保育所で大勢をお世話するのは違う点もあるかと思いますが、母のように大きな愛情で、子どもたちを包み込んであげたいです。

例文の構成(志望動機の書き方)

母の姿に憧れる → 応募 → 意欲

スポンサーリンク


保育補助の仕事以外で稼ぐには