保育補助の志望動機

保育士になるには保育士資格が必要になりますが、保育士資格がないからといって、保育の仕事ができないわけではありません。各種保育園では、保育士をサポートする「保育補助」のアルバイトやパート、ときには正社員を募集しています。

アルバイトまたはパートであっても、保育補助は、保育士のサポートや保育園の運営を担う重要な仕事です。しかし、特に資格や経験を必要としないことが多く、未経験でも無資格でも保育園で働けるため、女性を中心に人気の仕事で、保育補助に転職する人も少なくありません。

保育補助には資格や経験が要らないケースが多いですが、子どもが好きであること、体力があること、責任感があること、整理整頓ができることなどが求められることが多く、例えば主婦の家事経験も十分アピールになります。

例文3

私は以前別の保育所で、保育補助の仕事をしておりました。そちらでは日中のみの託児だったのですが、24時間体制でサポートしている保育所で働きたいと思い、今回応募させていただきました。学生時代に心理学の勉強をしていたこともあり、常に子どもの心を第一に考え、行動できます。幼い子が不安定になりがちな夜間保育の現場で、是非自分の力を生かしたいと思っております。子どもたちが元気に過ごせる場となるよう、お手伝いさせてください。

例文の構成(志望動機の書き方)

保育補助の経験 → 転職 → 学生時代の専攻をアピール → 意欲

スポンサーリンク


保育補助の仕事以外で稼ぐには