副業でお金を稼ぐ方法

お金を稼ぐには就職するのが近道ですが、唯一の方法というわけではありません。インターネットの普及に伴って、個人でできるビジネスのバリエーションも増えてきました。副業としてやってるうちに、本業の収入を超えて独立する人も多くいます。自分の可能性を広げるのに、良い時代になりましたね。


株やFXなどの投資

インターネットでかんたんに証券口座を開設し、株やFXを取引きすることができるようになりました。銀行の普通預金や定期預金に預けっぱなしにせず、個人でもこれらの方法で運用する動きが活発化しています。NISAの誕生など、個人投資家が活躍する環境が広がっています。

しかし、これらは基本的に、元本割れ(かけたお金がマイナスになる)するリスクがあります。つまり、かけたお金が保障されていないので、損をする可能性があるということです。特に、株の空売りやFX(ハイレバレッジの場合)はリスクが高く、余剰資金で行うのが鉄則です。

もし、元本割れを極力避けるのなら、銀行の定期預金が無難でしょう。

デジカメ写真の販売

いま、自分で撮った写真を誰でもネット上で販売することができます。一般的に、写真は主に広告や冊子などの印刷物や企業などのウェブサイトで素材として使われます。収益を出すまでには労力がかかり、通常のアルバイトやパート以上の収入を確保するのは大変ですが、不労収入というのは魅力的ですね。

続きを読む

個人でできる簡単な転売「せどり」

最もかんたんな副業は、転売でしょう。本やメディア、ゲームソフトなどを中古や型落ち状態で安く買い、オークションや買取業者などの別ルートで転売しお金を稼ぐのは、特に許可も要らず、誰でもできます。(通称「せどり」)。転売は準備するものも特になく、手軽に始められます。仕事と違って、自分の好きな時に好きなだけできるので、とても自由度の高いおこづかい稼ぎです。

続きを読む