医療事務の志望動機

医療事務は競争率も高く、人気のある仕事です。

競争率が高いだけに、医療事務の志望動機には、意欲や意気込みだけではなく、アピールポイントが欲しいところです。

一般的に、事務経験や医療事務に関する資格があると、説得力も生まれ、採用に有利といわれます。

経験があれば有利ですが、未経験でもOKなことが多いです。

医療事務の資格によっては、認知度が高くないのもあります。しかし、資格は「興味がある」に留まらず、自主的に勉強しているっという姿勢を示すのにも使えますので、堂々とアピールすべきでしょう。

未経験の方、転職の方向けの志望動機も用意しました。

例文1

地域を支える医療の分野にかかわりたく、医療事務の仕事に興味を持ちました。私は、以前勤めていた会社で事務を担当していましたが、出産を機に退職しました。今では育児にも余裕が生まれ、社会復帰を考えていました。以前培った事務経験を活かし、社会的に意義の大きい医療に携わりたく思い、応募いたしました。これまで、自主的に民間の講座を修了し、関連資格も取得しましたが、これらは通過点と考え、実務を通じてさらに勉強し、成長したいと思います。

例文の構成(志望動機の書き方)

医療の存在意義 → 全職退職理由 → 事務経験を活かしたい → 応募 → 資格取得済み → さらに勉強し成長したい

スポンサーリンク


その他、医療事務の志望動機に使える例文

医療事務の仕事以外で稼ぐには