医療事務の志望動機

医療事務は競争率も高く、人気のある仕事です。

競争率が高いだけに、医療事務の志望動機には、意欲や意気込みだけではなく、アピールポイントが欲しいところです。

一般的に、事務経験や医療事務に関する資格があると、説得力も生まれ、採用に有利といわれます。

経験があれば有利ですが、未経験でもOKなことが多いです。

医療事務の資格によっては、認知度が高くないのもあります。しかし、資格は「興味がある」に留まらず、自主的に勉強しているっという姿勢を示すのにも使えますので、堂々とアピールすべきでしょう。

未経験の方、転職の方向けの志望動機も用意しました。

例文12

医療事務というのは、医療の第一線で仕事をされているお医者様や看護師様を、事務の面からしっかりサポートする仕事で、言い換えれば、充実した医療の提供をサポートする、社会貢献度が非常に高い仕事だと思います。私自身は、事務や接客、デスクワークが好きで、このような精緻さを求められる仕事に向いていると自負しております。私の強みを生かして、より福祉に満ちた社会になるよう、医療の提供をサポートできるのではないかと思い、医療事務に非常に興味を持ちました。また、貴院を拝見させて頂き、患者様一人一人としっかりと向き合って医療をされているという部分におきまして、貴院でぜひ働いてみたいと思いました。

例文の構成(志望動機の書き方)

医療事務は社会貢献度が高い → 自分の特技を活かして、社会に貢献できる → 興味を持つ → 応募先の良いところ

スポンサーリンク


その他、医療事務の志望動機に使える例文

医療事務の仕事以外で稼ぐには