医療事務の志望動機

医療事務は競争率も高く、人気のある仕事です。

競争率が高いだけに、医療事務の志望動機には、意欲や意気込みだけではなく、アピールポイントが欲しいところです。

一般的に、事務経験や医療事務に関する資格があると、説得力も生まれ、採用に有利といわれます。

経験があれば有利ですが、未経験でもOKなことが多いです。

医療事務の資格によっては、認知度が高くないのもあります。しかし、資格は「興味がある」に留まらず、自主的に勉強しているっという姿勢を示すのにも使えますので、堂々とアピールすべきでしょう。

未経験の方、転職の方向けの志望動機も用意しました。

例文15

病院は誰もがお世話になりますが、その中でも貴院は安心して治療を任せられる雰囲気があると私は感じています。そして、体調の悪い方が訪れた際の最初の対応をするのは受付であり、医療事務はそこで働く、いわば病院の顔です。だからこそ、笑顔で対応できる、明るさが自慢である自身の特技を活かせると考えました。苦しさや心配を和らげることのできる対応をして、貴院に来る方々の安心感をさらに深められる手伝いが少しでもできれば、と思っております。

例文の構成(志望動機の書き方)

応募先病院に対する印象 → 医療事務の大切さ → 特技を活かせる → 意欲

スポンサーリンク


その他、医療事務の志望動機に使える例文

医療事務の仕事以外で稼ぐには