医療事務の志望動機

スポンサーリンク

医療事務は競争率も高く、人気のある仕事です。

競争率が高いだけに、医療事務の志望動機には、意欲や意気込みだけではなく、アピールポイントが欲しいところです。

一般的に、事務経験や医療事務に関する資格があると、説得力も生まれ、採用に有利といわれます。


経験があれば有利ですが、未経験でもOKなことが多いです。

医療事務の資格によっては、認知度が高くないのもあります。しかし、資格は「興味がある」に留まらず、自主的に勉強しているっという姿勢を示すのにも使えますので、堂々とアピールすべきでしょう。

未経験の方、転職の方向けの志望動機も用意しました。

例文16

私が医療事務の仕事をしたいと考えたのは、医療分野の仕事の中でも、今までの経験や学んだことが一番活かせる仕事だからです。何故私が医療分野に興味を持ったかというと、自分がケガなどで幼少時に病院にかかる機会が多かったため、今度は自分が医療分野で誰かの役に立ちたいと考えたからです。私はこれまでサービス業などで人と丁寧に接する方法を身に着けて参りました。この経験が患者様の対応に大きく貢献できること、何事からも学べる姿勢があることが、医療事務でも役に立つと考えます。

例文の構成(志望動機の書き方)

医療事務の主な志望動機 → きっかけ → これまでの経験 → アピール 

スポンサーリンク

その他、医療事務の志望動機に使える例文