医療事務の志望動機

医療事務は競争率も高く、人気のある仕事です。

競争率が高いだけに、医療事務の志望動機には、意欲や意気込みだけではなく、アピールポイントが欲しいところです。

一般的に、事務経験や医療事務に関する資格があると、説得力も生まれ、採用に有利といわれます。

経験があれば有利ですが、未経験でもOKなことが多いです。

医療事務の資格によっては、認知度が高くないのもあります。しかし、資格は「興味がある」に留まらず、自主的に勉強しているっという姿勢を示すのにも使えますので、堂々とアピールすべきでしょう。

未経験の方、転職の方向けの志望動機も用意しました。

例文21

私は、病院が苦手という方を少しでも減らしたいと考えています。私も昔、病院が苦手でした。それは、その病院の待合所の雰囲気や受付の方の事務的な対応などが苦手だったからです。病院では待つことが非常に多いと思います。そのため、待つ間の方が患者さんにとっては大きな負担になると考えます。私は、笑顔で患者さんに対応したり、待ち時間を伝えたりしながら、少しでも患者さんが快適に診察を待てるように努力していきたいと思います。患者さんの役に立ちたい、それが私の願いです。

例文の構成(志望動機の書き方)

病院に対するイメージを変えたい → 患者の負担を減らしたい → そのための意欲

スポンサーリンク


その他、医療事務の志望動機に使える例文

医療事務の仕事以外で稼ぐには