医療事務の志望動機

医療事務は競争率も高く、人気のある仕事です。

競争率が高いだけに、医療事務の志望動機には、意欲や意気込みだけではなく、アピールポイントが欲しいところです。

一般的に、事務経験や医療事務に関する資格があると、説得力も生まれ、採用に有利といわれます。

経験があれば有利ですが、未経験でもOKなことが多いです。

医療事務の資格によっては、認知度が高くないのもあります。しかし、資格は「興味がある」に留まらず、自主的に勉強しているっという姿勢を示すのにも使えますので、堂々とアピールすべきでしょう。

未経験の方、転職の方向けの志望動機も用意しました。

例文24

事務の中でも医療事務を私が選んだのは、私が人と接することが好きであることと、病院という誰もが困った時には必ずかかる場所で働きたかったからです。患者さんたちが困った時に寄り添える存在になりたいと考えています。病院のメインスタッフは医師や看護師だと思いますが、患者さんとメインスタッフの橋渡しができるようなスタッフになりたいと思います。例えば、症状を受付で話してくれた患者さんがいらっしゃれば、それをメインスタッフに正確に伝達し、診察がスムーズに行われるようにしていきたいです。

例文の構成(志望動機の書き方)

人と接することが好き・困った人の役に立ちたい → なりたいスタッフ像 → 具体例 

スポンサーリンク


その他、医療事務の志望動機に使える例文

医療事務の仕事以外で稼ぐには