医療事務の志望動機

医療事務は競争率も高く、人気のある仕事です。

競争率が高いだけに、医療事務の志望動機には、意欲や意気込みだけではなく、アピールポイントが欲しいところです。

一般的に、事務経験や医療事務に関する資格があると、説得力も生まれ、採用に有利といわれます。

経験があれば有利ですが、未経験でもOKなことが多いです。

医療事務の資格によっては、認知度が高くないのもあります。しかし、資格は「興味がある」に留まらず、自主的に勉強しているっという姿勢を示すのにも使えますので、堂々とアピールすべきでしょう。

未経験の方、転職の方向けの志望動機も用意しました。

例文3

社会が必要とする医療の分野に興味があり、医療事務に携わってみたいと思いました。これまで、民間企業で事務の経験があります。パソコンに抵抗がないことはもちろん、業務をいかに円滑に処理していくか、常に合理化を念頭に仕事をしていました。そこでの仕事力は、きっと医療の分野においても活かせると思ったのが、応募したきっかけです。必要な知識を吸収しつつ、目標をもって業務に携わっていきたいと思います。

例文の構成(志望動機の書き方)

 医療の存在意義 → 病院を職場にしたい → 応募先をほめる → やりがい → 成長 → 応募 → 事務経験をアピール

スポンサーリンク


その他、医療事務の志望動機に使える例文

医療事務の仕事以外で稼ぐには