医療事務の志望動機

医療事務は競争率も高く、人気のある仕事です。

競争率が高いだけに、医療事務の志望動機には、意欲や意気込みだけではなく、アピールポイントが欲しいところです。

一般的に、事務経験や医療事務に関する資格があると、説得力も生まれ、採用に有利といわれます。

経験があれば有利ですが、未経験でもOKなことが多いです。

医療事務の資格によっては、認知度が高くないのもあります。しかし、資格は「興味がある」に留まらず、自主的に勉強しているっという姿勢を示すのにも使えますので、堂々とアピールすべきでしょう。

未経験の方、転職の方向けの志望動機も用意しました。

例文8

私の祖父は病気がちで、10年以上まえから通院を続けています。家族総出で祖父の健康管理に気を配るようになり、私もいつからか医療の分野に興味を持ち始めました。地域に根差した貴院で、事務を通じて医療に貢献できたら更にやりがいを感じるかと思い、この程応募させて頂きました。以前は民間会社で事務員をしていましたので、帳簿の作成や管理、電話対応などの基礎はあるかと思います。窓口では、患者さまが笑顔になっていただけるよう、人と接することが得意な性格を活かしたいと思います。

例文の構成(志望動機の書き方)

身内が頻繁に通院 → 医療に興味 → 応募先をほめる → やりがい → 応募 → 事務職の経験がある → 意欲

スポンサーリンク


その他、医療事務の志望動機に使える例文

医療事務の仕事以外で稼ぐには