塾講師・家庭教師の志望動機

塾の講師や家庭教師のアルバイトは時給も高く、やりがいもあるので、とりわけ大学生や社会人あがりの方に人気があります。

未経験でも大丈夫な場合もあり、英語などの資格を活かせることもあります。

志望動機を書くに当たっては、これまで自分が培った勉強の経験や知識などをアピールするとともに、教えることにやりがいを感じるなどの意欲をアピールするのが一般的です。

これまで、塾に通ったことがあったり、家庭教師についてもらった経験があれば、そのことにもふれておきましょう。

例文1

現在、〇〇大学で△△を専攻しています。大学入学に当たり、昼夜を問わず勉強に励みましたが、振り返ってみると、勉強し始めの頃は効率が悪かったように思います。一連の受験対策では、勉強した内容以上に、勉強の「コツ」を体得したことに価値があったかと思います。この、努力して得た「コツ」は、きっと価値があるものかと思い、仕事として活かせれば喜びを感じるかと思い、貴塾の講師に応募させていただきました。

例文の構成(志望動機の書き方)

現状 → 受験の過程で得た知恵 → 仕事に活かすやりがい → 応募

スポンサーリンク


塾講師・家庭教師の仕事以外で稼ぐには