塾講師・家庭教師の志望動機

塾の講師や家庭教師のアルバイトは時給も高く、やりがいもあるので、とりわけ大学生や社会人あがりの方に人気があります。

未経験でも大丈夫な場合もあり、英語などの資格を活かせることもあります。

志望動機を書くに当たっては、これまで自分が培った勉強の経験や知識などをアピールするとともに、教えることにやりがいを感じるなどの意欲をアピールするのが一般的です。

これまで、塾に通ったことがあったり、家庭教師についてもらった経験があれば、そのことにもふれておきましょう。

例文10

わからなかったことがわかるようになる、これらの積み重ねが勉強好きになるのだと自らの経験で悟りました。私は中学生のころまで英語が苦手でしたが、塾に通うと先生が学校よりもわかりやすく、親身になってサポートしてくれました。あるときを境に急に理解できるようになり、点と点が線でつながった経験をしました。それ以来、英語はずっと得意科目となり、大学生になってから受けたTOEICでは700点でした。「わかると楽しい、楽しいと伸びる」、この経験を伝えたくて、講師の仕事を探していたところ、地元でも教育に熱心と有名な貴塾が英語講師を募集していると知り、早速応募させて頂きました。

例文の構成(志望動機の書き方)

勉強好きになるには → 自分の経験 → 得意科目もあわせてアピール → 取得した資格 → 応募先でなら自分の経験を伝えられる → 志望

スポンサーリンク


塾講師・家庭教師の仕事以外で稼ぐには