塾講師・家庭教師の志望動機

スポンサーリンク

塾の講師や家庭教師のアルバイトは時給も高く、やりがいもあるので、とりわけ大学生や社会人あがりの方に人気があります。

未経験でも大丈夫な場合もあり、英語などの資格を活かせることもあります。

志望動機を書くに当たっては、これまで自分が培った勉強の経験や知識などをアピールするとともに、教えることにやりがいを感じるなどの意欲をアピールするのが一般的です。


これまで、塾に通ったことがあったり、家庭教師についてもらった経験があれば、そのことにもふれておきましょう。

例文15

高校から進学校に通い、高校は勉強漬けの毎日でした。大学生になった今、改めて振り返ってみると記憶力頼りの効率の悪い勉強の仕方をしていたと思います。貴校で教鞭をとれるのなら、もっと広い視野をもって、体系的に勉強を進める方法を生徒の方に伝えて、より効率的に勉強をしてもらい、そしてより楽しく知識を吸収してほしいと思いました。将来は学校の教師になりたいと思っておりますので、貴校にて経験を積めれば、とても心強く思います。よろしくお願いします。

例文の構成(志望動機の書き方)

高校時代の勉強 → 反省 → 経験を後学のために生かしたい → 意欲 → 将来の目標

スポンサーリンク