塾講師・家庭教師の志望動機

スポンサーリンク

塾の講師や家庭教師のアルバイトは時給も高く、やりがいもあるので、とりわけ大学生や社会人あがりの方に人気があります。

未経験でも大丈夫な場合もあり、英語などの資格を活かせることもあります。

志望動機を書くに当たっては、これまで自分が培った勉強の経験や知識などをアピールするとともに、教えることにやりがいを感じるなどの意欲をアピールするのが一般的です。


これまで、塾に通ったことがあったり、家庭教師についてもらった経験があれば、そのことにもふれておきましょう。

例文22

小さいときから外国に興味があり、英語が好きでした。中学で英検準二級に合格し、高校では準一級に合格しました。大学では、英語を使ったコミュニケーションを専攻し、昨年はアメリカに短期で語学留学もしました。今の目標は、在学中にTOEICで900点以上とりながらも、口語能力を鍛え上げることです。私が得意とする英語を仕事にできたら嬉しいと思い、応募させていただきました。

例文の構成(志望動機の書き方)

昔から英語が好き → 資格取得の実績 → 英語の学習状況 → 目標がある → 得意を仕事にしたい

スポンサーリンク