塾講師・家庭教師の志望動機

スポンサーリンク

塾の講師や家庭教師のアルバイトは時給も高く、やりがいもあるので、とりわけ大学生や社会人あがりの方に人気があります。

未経験でも大丈夫な場合もあり、英語などの資格を活かせることもあります。

志望動機を書くに当たっては、これまで自分が培った勉強の経験や知識などをアピールするとともに、教えることにやりがいを感じるなどの意欲をアピールするのが一般的です。


これまで、塾に通ったことがあったり、家庭教師についてもらった経験があれば、そのことにもふれておきましょう。

例文3

私は中学から高校までの間、進学塾へ通っていました。進学塾では学校では教えてくれない細やかな内容や、個人に合わせた指導を行って頂き、無事に合格することができました。そんな経験もあり、アルバイトを考えた際に、一番に浮かんだのが学習塾でした。塾の存在は勉強だけでなく、学校とは別の素の自分が出せる大切な居場所でもあると私は考えます。この塾が、この先生が好きだから通っていると言ってもらえるような講師になりたいと思います。

例文の構成(志望動機の書き方)

塾での経験 → 実績アピール(合格) → 経験を活かしたい → 意欲

スポンサーリンク