居酒屋の志望動機

居酒屋の仕事は、ファミレスなどの飲食店と似ています。通常、アルバイト(パート)で募集されるのは、主に調理などを担当するキッチンスタッフと接客・料理の提供・レジなどを担当するホールスタッフに分かれます。

キッチンスタッフもホールスタッフも、基本的に協調性、つまりチームワークが重視されますので、部活やサークル経験などでアピールすることもできます。

また、特に居酒屋チェーン店などでは、立地にもよりますが、時間が経つのがあっという間なぐらい忙しくなるので、多くの業務をさばける俊敏さや合理性なども求められます。また、極端な話、酔っ払いに耐性がある必要もあります。

履歴書作成や面接にあたっては、居酒屋がどういう人材を欲しがっているのか踏まえつつ、志望動機を伝えると効果的でしょう。

例文6

友人と飲み会をするのが大好きで、さまざまな居酒屋を日頃から利用しています。居酒屋には、それぞれお店独特の雰囲気があり、とりわけ貴店の雰囲気に惹かれ、ぜひアルバイト(パート)として働いてみたいと思いました。よく、居酒屋の仕事は酔ってしまったお客様への対応が大変とききますし、実際にそのような現場を見たこともあります。ですが、私はお酒のみならず、酔っ払いに対しても免疫がありますので、理性的、そして誠実に対応することができると思います。どうぞ宜しくお願いします。

例文の構成(志望動機の書き方)

居酒屋通をアピール → 応募先の店の雰囲気が良い → 応募 → 課題解決能力

スポンサーリンク


その他、居酒屋の志望動機に使える例文

居酒屋の仕事以外で稼ぐには