居酒屋の志望動機

居酒屋の仕事は、ファミレスなどの飲食店と似ています。通常、アルバイト(パート)で募集されるのは、主に調理などを担当するキッチンスタッフと接客・料理の提供・レジなどを担当するホールスタッフに分かれます。

キッチンスタッフもホールスタッフも、基本的に協調性、つまりチームワークが重視されますので、部活やサークル経験などでアピールすることもできます。

また、特に居酒屋チェーン店などでは、立地にもよりますが、時間が経つのがあっという間なぐらい忙しくなるので、多くの業務をさばける俊敏さや合理性なども求められます。また、極端な話、酔っ払いに耐性がある必要もあります。

履歴書作成や面接にあたっては、居酒屋がどういう人材を欲しがっているのか踏まえつつ、志望動機を伝えると効果的でしょう。

例文8

私は大学生の新入生歓迎会で(未成年の場合は「大学生になってから」などと言い換えてください)、初めて居酒屋に行きました。その時まで、居酒屋と言ったらいわゆる「赤提灯」を想像していましたので、初めて店内に足を踏み入れた時にはとても驚きました。居酒屋というよりも、モダンな和風小料理屋という感じで、それ以来、大学生活において足繁く居酒屋に通うようになりました。貴店はとりわけムードがあり、ハイセンスな雰囲気に惹かれ、この度応募させて頂きました。これまでの接客の経験を活かして、お店を盛り上げるお手伝いができればと思います。

例文の構成(志望動機の書き方)

居酒屋に対するイメージが変わった → おしゃれな空間 → 居酒屋好きに → 応募先の雰囲気が良い → 応募 → 意欲

スポンサーリンク


その他、居酒屋の志望動機に使える例文

居酒屋の仕事以外で稼ぐには