履歴書を書くときの注意事項

履歴書の作成は、決まった情報を記入していいくだけなので、何も難しいことはありません。ただ、履歴書は正式な書類である以上、ルールがあります。ルールに違反すれば、印象は最悪に・・


履歴書は丁寧に書く

まずは、字は丁寧に書くこと。

字は汚くても、大した問題になりません。ただ、雑な字は印象を悪くします

丁寧に書かれた字というのは、見てわかります。どれだけ履歴書の内容が良くても、雑に書かれた履歴書を見れば、性格が雑で仕事も雑になりそうと思われ、極めて悪印象となります。

誤字脱字は、NGです。字を間違えても修正液などは使わず、書き直した方が間違いありません。面倒ですが、鉛筆で下書きし、ボールペンで上書したほうがミスは格段に減ります。清書したら、消しゴムで下書きを消し忘れないよう、気を付けてください。

言葉は省略しない

履歴書は、正式な文書なので、略語の使用は控えましょう

例えば、コンビニは「コンビニエンスストア」、バイトは「アルバイト」、高校は「高等学校」といったように、正式な名称で記載しましょう。

面接では略語でOKな場合も多々あります。例えば、「〇〇高等学校に在籍しています」と言ってもOKですが、「〇〇高校に在学しています」の方が自然ですね。書くときは略さず、話すときはより自然な方を使いましょう。

 

NG略語例:

英検2級× → 実用英語技能検定2級

普免(AT) → 普通自動車第一種運転免許(AT車限定)

(株)〇〇〇〇 → 株式会社〇〇〇〇

〇〇高校 → 私立〇〇高等学校、都立〇〇高等学校

千代田区大手町〇ー□ー△ → 千代田区大手町〇丁目□番地△号

コンビニ → コンビニエンスストア

ファミレス → ファミリーレストラン