改名理由の例文集(同姓同名の場合)

特定の人物と同姓同名であるために、社会的に不利益を被っている場合、家庭裁判所に改名(名前の変更)許可を申し立てることができます。この場合、いろいろなケースが考えられますが、歴史的な犯罪者や世間を著しく騒がせた人物と同じ名前によって、悪影響を被るケースが多いかと思います。個人レベルでの「風評被害」とも言えるでしょう。

ここでは、同姓同名によって悩まされている人のために、家庭裁判所に提出する「名の変更許可申立書」の「申立ての理由」の書き方を例文形式で紹介しています。例文を参考に、同姓同名である者が、いったいどのような人物で、自分自身がどのような悪影響を受けているかを、なるべく具体的に記載しましょう。

スポンサーリンク

改名理由が「同姓同名者がいて不便である」場合

スポンサーリンク

改名理由のカテゴリー

改名を希望する場合、家庭裁判所へ「名の変更許可申立書」を記載しなければならず、「申立ての理由」(改名理由)が許可されるか否かを大きく左右します。そのため、改名理由はしっかりと具体的にどんな不都合があるのかを書く必要がありますが、そのカテゴリーは大きく分けて下記のとおりとなります。カテゴリーごとに改名理由の例文を掲載しています。

1. 奇妙な名である。

2. 難しくて正確に読まれない。

3. 同姓同名者がいて不便である。

4. 異性とまぎらわしい。

5. 外国人とまぎらわしい。

6. 〇年〇月に神官・僧侶となった(または辞めた)

7. 通称として永年使用した。

8. その他