改名理由の例文集(奇妙な名の場合)

キラキラネームやDQNネーム、場合によってはシワシワネームなど、奇妙・珍妙な名を授かってしまったことで、社会的に不利益を被る人がいます。このような人は、例えば、名前のせいでイジメにあう、馬鹿にされる、ことごどく縁談が破談する、仕事などで差別的な待遇を受けたなどをきっかけに、改名(名の変更)することができるかもしれません。

この時、改名(名の変更)で最も大切なのは、家庭裁判所への提出書類となる「名の変更許可申立書」において、その悲惨な状況を詳しく訴えることにあります。また、あわせてその状況を証明する書類が必要となりますので、事実に即して、訴えてみましょう。

スポンサーリンク

改名理由が「奇妙な名である」場合

スポンサーリンク

改名理由のカテゴリー

改名を希望する場合、家庭裁判所へ「名の変更許可申立書」を記載しなければならず、「申立ての理由」(改名理由)が許可されるか否かを大きく左右します。そのため、改名理由はしっかりと具体的にどんな不都合があるのかを書く必要がありますが、そのカテゴリーは大きく分けて下記のとおりとなります。カテゴリーごとに改名理由の例文を掲載しています。

1. 奇妙な名である。

2. 難しくて正確に読まれない。

3. 同姓同名者がいて不便である。

4. 異性とまぎらわしい。

5. 外国人とまぎらわしい。

6. 〇年〇月に神官・僧侶となった(または辞めた)

7. 通称として永年使用した。

8. その他