業界用語・隠語集



アイドルタイム

お客が少なく、暇になる時間帯を指します。逆に、来店数が多く、忙しい時間帯は「ピークタイム」。アイドルタイムには、スタッフに休憩を取らせたり、仕込みなどをしたりします。お店によっては、一時閉店し、夜間ピークタイムに備えます。

兄貴、弟

古い食材のことを「兄貴」、新しい食材のことを「弟」と呼びます。通常、調理するときは、古い食材、つまり「兄貴」から使います。先入れ先出しと同じ考え方です。

カワ

カワとは、おすすめ品のことを指します。

シルバー

シルバーとは、ナイフ、スプーン、フォークを指します。

バッシング

バッシングとは、テーブルから食事が済んだ空いたお皿などを片付けることを指します。

例:「あそこのテーブル、バッシングお願いします」

ヤマ

ヤマとは、売切れたり、品切れになったりすることです。居酒屋でよく使われる隠語です。「ヤマる」とも使えます。ヤマると買い出しに行くことも。

例:「豆腐、ヤマです」「ネギ、ヤマった」

リセット

テーブルから空いたお皿などを片付けるのが「バッシング」、リセットはお客さんが帰った後に、テーブルをキレイに戻し、再び迎え入れることができる状態にすることを指します。

クリンリネス

店内外やレジ・カウンター周りの清掃、整理整頓などを指します。あまり、「クリンリネスやってください!」とは言われませんが、内部の業務文書などでは「クリンリネスの徹底」というように使われることがあります。要は、キレイにすることです。

フェイスアップ

フェイスアップとは、棚の前面に並ぶ商品を見やすく、手に取りやすく整理することを指します。棚から前面の商品がなくなり、奥にある商品を手前に出す「前出し」を含む場合もあります。フェイスアップも前出しも、同時に行うことが多いです。

先入れ先出し

先に仕入れたものを先に売ったり、陳列したりすることを指します。例えば、生活で、先に買った卵は先に使い、後に買った卵は後に使うのと同じです。コンビニに限らず、あらゆる業界で先入れ先出しは行われています。