葬儀場・葬儀屋の志望動機

安定した仕事として、意外にも人気のある葬儀場。他業種から転職する人も珍しくありません。

葬儀場の仕事は多岐にわたり、働き方も正社員からアルバイト・パートまで、さまざまです。

メインの仕事は、葬儀のコーディネート・進行、事務、会場準備などです。小規模の葬儀場では、各業務を兼務することが多いですが、大規模の葬儀場になると役割分担されることもあります。

求人を見てみると、葬儀場スタッフにはさまざまな呼称があります。主なところでは、葬祭ディレクター、葬祭コンシェルジュ、セレモニースタッフ、セレモニーアドバイザー、フューネラル・コーディネーター(フューネラルは葬式の意味)など、実際には大きな違いはありません。単独業務としては、案内係、配膳スタッフ、司会、電話受付、納棺師(湯灌師)などがあります。

例文1

親戚の葬儀に出席した際、葬儀場のスタッフの方々の対応が素晴らしいと感じたのをきっかけに、私の中で葬儀場のイメージが変わりました。終始、遺族である私たち家族や親せきに寄り添ってくださり、暖かいお言葉もかけていただけました。人は、死に面した時は非常に心細く、悲しみに暮れると思います。そんな方々の支えとなりたいと強く思い、地元に深く根差した貴社の募集に応募させて頂きました。ただの接客ではなく、心情を察し、細かなサポートができるように励みたく思います。

例文の構成(志望動機の書き方)

 葬儀の出席経験 → 葬儀場・葬儀会社のスタッフに好印象を持つ → 支える仕事をしたい → 志望 → 意欲

スポンサーリンク


葬儀場の仕事に関する言葉

葬儀場の仕事以外で稼ぐには