葬儀場・葬儀屋の志望動機

安定した仕事として、意外にも人気のある葬儀場。他業種から転職する人も珍しくありません。

葬儀場の仕事は多岐にわたり、働き方も正社員からアルバイト・パートまで、さまざまです。

メインの仕事は、葬儀のコーディネート・進行、事務、会場準備などです。小規模の葬儀場では、各業務を兼務することが多いですが、大規模の葬儀場になると役割分担されることもあります。

求人を見てみると、葬儀場スタッフにはさまざまな呼称があります。主なところでは、葬祭ディレクター、葬祭コンシェルジュ、セレモニースタッフ、セレモニーアドバイザー、フューネラル・コーディネーター(フューネラルは葬式の意味)など、実際には大きな違いはありません。単独業務としては、案内係、配膳スタッフ、司会、電話受付、納棺師(湯灌師)などがあります。

例文2

昨年、祖母が亡くなり、非常にショックを受けました。お通夜・告別式に出席しましたが、とても悲しく打ちひしがれていましたが、葬儀場スタッフの方がやさしく声をかけてくれました。このような親身の対応に救われ、祖母の見送ることができました。このときの経験が強く印象に思い、葬儀場での仕事に興味を持ちました。遺族の方に、心から寄り添えるようなスタッフになりたいと思い、応募させて頂きました。

例文の構成(志望動機の書き方)

身内や知り合いの死 → ショック → 葬儀で親身に接してもらった → 好印象 → 興味をもつ → 志望

スポンサーリンク


葬儀場の仕事に関する言葉

葬儀場の仕事以外で稼ぐには