葬儀場・葬儀屋の志望動機

スポンサーリンク

安定した仕事として、意外にも人気のある葬儀場。他業種から転職する人も珍しくありません。

葬儀場の仕事は多岐にわたり、働き方も正社員からアルバイト・パートまで、さまざまです。

メインの仕事は、葬儀のコーディネート・進行、事務、会場準備などです。小規模の葬儀場では、各業務を兼務することが多いですが、大規模の葬儀場になると役割分担されることもあります。


求人を見てみると、葬儀場スタッフにはさまざまな呼称があります。主なところでは、葬祭ディレクター、葬祭コンシェルジュ、セレモニースタッフ、セレモニーアドバイザー、フューネラル・コーディネーター(フューネラルは葬式の意味)など、実際には大きな違いはありません。単独業務としては、案内係、配膳スタッフ、司会、電話受付、納棺師(湯灌師)などがあります。

例文6

数ある仕事の中でも、葬儀の仕事を選んだのは、何よりも意義ある仕事だと思ったからです。しっかりとした葬儀を執り行うことは、故人の旅たちをお祈りするのとともに、ご遺族の方が故人を心にとどめ、気持ちの切り替えを付けるのにとても大切な場になると思います。どんな人にも訪れる死をどのように迎えるべきか、仕事を通じて答えを探し、葬儀の意義をもっと深く理解したいと思います。

例文の構成(志望動機の書き方)

葬儀場を選んだ理由 → 自分なりの葬儀の考え → 意欲

スポンサーリンク

葬儀場の仕事に関する言葉