葬儀場・葬儀屋の志望動機

スポンサーリンク

安定した仕事として、意外にも人気のある葬儀場。他業種から転職する人も珍しくありません。

葬儀場の仕事は多岐にわたり、働き方も正社員からアルバイト・パートまで、さまざまです。

メインの仕事は、葬儀のコーディネート・進行、事務、会場準備などです。小規模の葬儀場では、各業務を兼務することが多いですが、大規模の葬儀場になると役割分担されることもあります。


求人を見てみると、葬儀場スタッフにはさまざまな呼称があります。主なところでは、葬祭ディレクター、葬祭コンシェルジュ、セレモニースタッフ、セレモニーアドバイザー、フューネラル・コーディネーター(フューネラルは葬式の意味)など、実際には大きな違いはありません。単独業務としては、案内係、配膳スタッフ、司会、電話受付、納棺師(湯灌師)などがあります。

例文7

私の親戚が亡くなったとき、貴社にて葬儀を執り行ってもらったと聞きました。その際の対応がとてもよく、しっかりとした葬儀にしてもらったと満足そうに言っていたのが印象的でした。そんな貴社の求人を拝見したところ、ぜひ私も働きたいと思い、応募させていただきました。普段から家事などもこなしておりますので、配膳や清掃などには厭うことなく積極的にできます。どうぞよろしくお願いします。

例文の構成(志望動機の書き方)

評判を聞く → 好印象 → 志望 → 家事力アピール・意欲

スポンサーリンク

葬儀場の仕事に関する言葉