警備員の志望動機

一口に警備員の仕事といっても、施設警備員、交通誘導警備員や雑踏警備員、輸送警備員、身辺警備員といろいろな内容に分かれます。警備員の仕事では、体力などがあるとアピールになりますが、特に求められないこともあります。資格も特に必要なく、未経験でもOKなことが多く、警備内容によってはリタイア後でも働くことができたりします。また、男性はもちろん、最近では女性の警備員も多く活躍しています。

例文2

私が今回警備の仕事に応募したのは、父が長年、警備業に従事していたからです。雨の日も、雪の日も、同じ場所に立って、安全を見守り続けていた姿を昔から尊敬していました。警備の仕事の大切さを何度も耳にし、アルバイトをするなら自分も警備をやってみたい、という想いがいつしか芽生えておりました。大変な面、嬉しい面、両方を知っておりますので、リタイヤすることなく長く勤められる自信がございます。多数の応募があるかと思いますが、よろしくご検討ください。

例文の構成(志望動機の書き方)

身近な人が警備員 → 尊敬 → 興味を持つ → 意欲 

スポンサーリンク


警備員の仕事以外でもお金は稼げる!